広報サブマネージャー・愛知) 川崎 亜矢子

SDGs WIP 広報サブマネージャー 

川崎 亜矢子

(カワサキ アヤコ) 


プロフィールをご覧いただき、ありがとうございます。 

SDGsWIPでは広報サブマネージャーとして、おもにSNS(Instagram・Twitter・Facebook)更新、画像制作や動画編集を担当させていただいております。


 2021年3月にオンライン開催されたSmileFestival2021のダイジェスト版動画はもうご覧いただけましたでしょうか? 

2日間、じつに10時間におよぶイベントの動画をぎゅーーーーーーっと5分にまとめておりますので、ぜひご覧ください! 


 SDGsWIPのメインテーマである「ジェンダー平等を実現しよう」は私にとって興味のある目標のひとつです。 

「世界中を冒険したい!」と言う小さな頃の私に、母は「女の子なんだから無理よ」と言いました。

 いろんなシーンで「女の子なんだから」「女の子なのに」を言われて育ってきた気がします。

 逆に2歳下の弟は「男の子なんだから」と言われていて、いつもモヤモヤしたものを感じていました。

  そのモヤモヤに「ジェンダーギャップ」という名前があることを知りました。 このジェンダーギャップについて、WIPの活動を通して多くの人と意見を交わしたいと思っています。


 私は現在、広告代理店の管理部門に勤務していますが、フリーランスとして資料作成や画像制作、動画編集のお手伝いもさせていただいています。 

コロナ以前は人材サービス会社で人材コーディネーターとして、お仕事をお探しの女性・主婦の方の面談を担当していました。


 <女性の生き方改革について> 

私自身、仕事を辞めて子育てに専念していた時期があり、ブランクを経て再就職をした経験があります。 専業主婦の期間は履歴書には記載ができないため、ブランクと表現されてしまいます。 

でも、本当にブランク=空白の期間でしょうか? 

子育てが落ち着いたからお仕事を再開したいとおっしゃるママ達に共通した印象は「自信がない」ことでした。

 ご経歴をお伺いしてみると、とても優秀でバリバリ働いていた方でも自信をなくしていらっしゃいました。 子育ては臨機応変な対応やスケジュール管理など、多くのスキルを必要とする重要な仕事だと思います。 

そのことに多くの方に気づいていただき、自信を取り戻して、その方らしい生き方を探していただきたいと思っています。


 <教育問題や差別について> 

私には子供が2人いるのですが、発達障害を持つ子と不登校気味の子がいます。 子供達のおかげで本当に多くの学びがあり、多くの人との出会いがあり、私の世界はとても広がりました。

 WIPとの出会いも子供達のおかげだと思っています。

 しかし、2人の子育てを通して、日本の教育の問題点に幾度となくぶつかりました。

 また、障害についての差別を感じることも多く、合理的配慮を得るために本当に多くのエネルギーを使いました。 発達障害や不登校への理解を深めることで、学習の選択肢が広がって、子供達の豊かな才能が尊重される社会になると考えています。


 WIPのNoteはもうフォローしていただけましたか? 

ブログや動画の発信を通して、みなさまのお役に立てる情報をお届けできればと思っておりますので、ぜひフォロー&♡、シェアをお願いいたします。


 ■WIPを通して実現したいことや入会の動機

 女性自身が自分自身を見つめ、本来持っている潜在的な能力発揮できるように、共に成長していきたい。 全ての女性がブレない軸を持ち、精神的に自律し、経済的にも自立することを目標にしている。 この理念にとても共感しています。 私らしく、たくましく、しなやかな生き方とはどんな生き方なのかを考えて行動していきたいと思っています。


 ■職業、特技、資格 

国家資格キャリアコンサルタント  

Points of You®認定トレーナー 

Canvaでの画像制作、動画制作

PowerDirectorでの動画編集


 ■SNS 

【Instagram】 SDGsについて発信してます♪

        https://www.instagram.com/yacoco_sdgs/ 

【Twitter】 毎日プッと笑えるゴミ拾い投稿をしています♪

        https://twitter.com/yacoco_sdgs

様々なライフスタイルにおける女性の活躍を応援!SDGs Women's Innovation Project

【WIP理念】 自分らしく新しい価値観と生きやすい社会をクリエイト(共創)する 【our vision】 様々なライフスタイルにおける女性の活躍を応援します 【concept】 ワ・タ・シ の生き方改革プロジェクト [ワ]私らしく [タ]逞しく [シ]しなやかに 女性自身が自分自身を見つめ、潜在的な力を発揮できるように、共に成長全ての女性が精神的に自律し、経済的にも自立することを目標にしています