日本の貧困

日本の貧困について調べてみたら
日本は、相対的貧困だそう

相対的貧困層の飢餓とは、
その日の食事に困っていることです。

2016年に発表された
世界の貧困率比における
日本では15.7%
(出典:厚生労働省公式サイト)の人が
相対的貧困状態にあると
言われています。

特に家庭内の子どもが満足に
食事を得られないことが社会問題と
なっています。

十分に食べることができず、
栄養失調や病気にかかりやすくなる
子どもが増えているのです。
子供がとなるととても
やりきれないです。



そんな現状の中、大量の食品ロスが起こっていることで、生産された食糧が全て行き届いていないことになります。



今すぐ自分でもできることがあります!!

WIPでは、「まえどり」
習慣プロジェクトを実施しています。
スーパーなどで購入する際に
陳列された食品を前から取るだけで、
食品ロスが大幅に減らすことができ、
今日からでも出来る取り組みです。
今、わたしたちにできる身近な課題は、
食品ロスの解消を目指しましょう。


#まえどり
#まえどり習慣
#日本飢餓対策
#飢餓をゼロに
#こども食堂
#食品ロス
#SDGs
#SDGs2
#SDGsWIP 
#SDGs2030 
#SDGsJapan 
#国際SDGs推進協会 
#ジェンダー平等を実現しよう 
#国連 
#持続可能な社会づくり 
#子どもたちの未来 
#子どもたちに地球を残す 

様々なライフスタイルにおける女性の活躍を応援!SDGs Women's Innovation Project

【WIP理念】 自分らしく新しい価値観と生きやすい社会をクリエイト(共創)する 【our vision】 様々なライフスタイルにおける女性の活躍を応援します 【concept】 ワ・タ・シ の生き方改革プロジェクト [ワ]私らしく [タ]逞しく [シ]しなやかに 女性自身が自分自身を見つめ、潜在的な力を発揮できるように、共に成長全ての女性が精神的に自律し、経済的にも自立することを目標にしています